FC2ブログ

村上龍「クリーム色」

20200517145138a62.jpeg


村上龍に「クリーム色」という掌編がある。

角川文庫の『十七粒の媚薬』というアンソロジーに収録されている。


あるSM嬢(たぶんM嬢)が、〈知らない年寄りのタキザワ〉という男に呼ばれてプレイする時の心の動きをM嬢の語りで述べてゆくお話。


つまらない官能小説まがいのものにしか見えないかもしれないが、意外によく作られているのではないかと思う。

クリーム色は、M嬢が幼い頃に母と妹と一緒に行ったデパートの手すりの色だが、それは温かくて優しい家族との思い出を象徴している。

もちろん、具体的にクリーム色の手すりだったのかもしれないが、温かくて優しいクリーム色なのもそうだろう。

性を売るM嬢にも、当然そのような過去=子供時代があり、彼女の幸せを願う家族が存在するわけだが、買う側からすると、そういう彼女の人間性はむしろ萎えさせるものでしかないだろう。

まして、M嬢であれば、男の側は彼女の人間性を剥奪し、物体のように扱うことを欲望して、買うわけであるので、そうしたM嬢の語りは、男の欲望に対して反逆してゆくものでしかない。

彼女を買った〈知らない年寄りのタキザワ〉はメイド・イン・イタリーのワニ革のベルトで彼女の尻を打擲する。
その時にテレビのクイズ番組で、北アフリカのモーリタニアの通貨についての問題が出されるのだが、ここで男とM嬢との経済的格差が、先進国と発展途上国との経済格差に重ねられて、SM嬢がビデオの仕事をしても、ワニ革の財布に手が届かなかった層にいることが浮き彫りにされる。

作品は、1989年頃の作品のようなので、男はバブル景気で富をなした可能性が高いが、この格差を描く本作は、現代の官能的プロレタリア文学の一つといえるかもしれない。笑。

少なくとも、その格差社会だけは、それ以降も是正されるどころか、格差拡大を増しており、メッセージは2020年の今でも有効である。

ただ、この作品の面白いのは、それを描くだけではなくて、結末の母との会話の思い出から読み取れることである。

無邪気な子供の問いに優しく答えた母の答えは、単なるエスカレーターの手すりについてだけではなくて、彼女と母の行いについても述べているかのようである。

性的なものを表に出して生きる彼女に対して、もちろん、性的な部分を匂わせない母が、そのセリフによって、母ももちろん性的な時間があったことを想起させる。

もしかしたら母も、父やそれ以外の男たちに打擲されたことがあったかもしれないと思わせて、人間という動物の不可思議さを感じさせるところがある。

Amazonなんかの評価では、あまり評価されていない文庫本ではあるが、果たしてそうなんだろうか、と思ったりもする。






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する